スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

谷崎潤一郎『幼年時代』で読む作家の自分史

「永いあいだ、私は自分が生まれた時の光景を見たことがあると言い張っていた。」
それは一体どんな光景だったのだろうか。
「産湯を使わされた盥の淵のところである。下ろしたての爽やかな木肌の盥で,内がわから見ていると、ふちのところにほんのりと光りがさしていた。」

三島由紀夫『仮面の告白』の書き出しの部分である。幼少期の回想から少年期の自身の体験や友人との出会い、「「近江」という少年への「人生で最初に出会った恋」を回想し、「人生は舞台のようなものである」と、作家は自らの人生を小説という舞台にのせて演出していく。少年の恋はやがて女性への関心に変わる。昭和19年、「私」は友人、草野の家で妹の「園子」と出会い交際がはじまる。手紙の「お慕いしております」の一行に「私は希望をもって」園子との間に「結婚」という言葉を置いてみるのだが、「僕は園子なんか愛していはしない」ことをやがて自覚する。園子は結婚するが「私」は園子との逢瀬を持つ。だが「私」の目はレストランに居合わせた「二十二三の、粗野な、しかし浅黒い整った顔立ちの若者」に吸い寄せられ、「脇腹には太い縄目のような肉の連鎖が左右からすぼりわだかまって」いる体を見て「私は情欲に襲われ」る。「私」は園子と決別し、三島由紀夫の道を歩み始めるのである。

『仮面の告白』は、少年期から青年時代にかけての三島由紀夫の自画像としての小説であり、自伝的な下敷きはあるとしても戦後の代表的な文学作品であることは言うまでもない。三島の生の自伝に触れたい人には『私の遍歴時代―三島由紀夫のエッセイ』の中の「我が青春記」(昭和32年1月~9月『明星』連載)と「私の遍歴時代」(昭和23年4月『青年』掲載)がお勧めだ。

作家の自伝的作品では、谷崎潤一郎の『幼少時代』(新潮文庫)がある。明治19年に日本橋の蛎殻町に生まれた谷崎が昭和31年に書いた幼少期の回想記であり、古き良き東京の下町情景が描かれた貴重な記録でもある。巻頭には「日本橋、牡蠣町、茅場町界隈略図」(『中央公論』昭和33年6月号)が掲載されている。『幼少時代』は、「私の一番古い記憶」から始まり、「父と母」のこと「幼年より少年へ」から「悲しかったこと嬉しかったこと」と筆をすすめていく。明治時代の日本橋界隈の街並みと商店、水天宮の祭、小学校と友だちのことなど、幼年期を回想する。

潤一郎少年は「サンマーという英語塾」に通った。通う途中で不良少年に出会うのが怖くて塾をさぼり1円の月謝を払わず隠し持っていた。「1円札を親に隠して済し崩しに使うのは骨がおれた」と、少年の回想は弾む。『仮面の告白』は、青年期の作家の心象風景は描いてはいるが自伝ではない。「生まれたときの光景」が事実かどうか確かめようもないことだが、「芸術家としての生活が書かれていない以上、すべては完全な仮構であり、存在しえないものである。私は完全な告白のフィクションを創ろうと考えた」と、三島由紀夫は後に書いている。

『仮面の告白』(三島由紀夫)と『幼年時代』(谷崎潤一郎)を紹介したが、作家の自伝には名著がたくさんある。少年の性の目覚めを、年齢を追って書いた森鴎外の『ヰタ・セクスアリス』。貧しさの中で育った少年時代の苦労を書いた『忘れ残りの記』(吉川英治)。印刷所の版下工だった若き日を回想した『半生の記』(松本清張)。祖父母、父母、兄弟、姉との家庭内の人間関係を軸に文学へ傾斜していく青年期の思い出を書いた『思ひ出』(太宰治)。故郷である渋谷の街の変遷の中で過ごした少年期を書いた『少年』(大岡昇平)。作家が66歳の時の作品で「ある自伝の試み」という副題がついている。生まれ育った渋谷の地図も挿入された「マッピング自分史」でもある。これから自分史に挑戦する人にはお勧めの1冊だ。

「自分史を書きたいが、どう書けばいいのかわからない」という質問を受けるたびに、私は「作家の自伝を読みなさい」ということにしている。小説家の文章や表現力に学ぶというよりも、作家が生きた時代と、青少年時代の生きざまや出来事を読み取ってみると、行間からその時代の生活シーンと一人の人間の心の動きが伝わってくる。作家の自伝には「あの日、あの空、あの私」が生き生きと描かれている。


.07 2017 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ipamaeda.blog3.fc2.com/tb.php/213-503aebc6

イベント開催告知

「品川自分史塾」開催決定! 日時 10月7日(水)、14時~16時 場所 五反田文化センター 参加費 1,000円(教材、ドリンク付き) お申込み先着20名様 ■お申し込み先■ 氏名、ご連絡先(日中連絡がとれる電話番号かメールアドレス)を ご記入の上、お申し込みください。 メール jibunshi@po-ipa.co.jp FAX  03-5436-4025 お問い合わせ先 03-5436-4025

プロフィール

マエダヨシヒロ

Author:マエダヨシヒロ
FC2ブログへようこそ!

昭和10年、東京生まれ。早稲田大学文学部(国文科)にて学び、電気業界新聞記者を経て、昭和36年に編集会社を設立して以来、企業広報分野の編集者、編集プロデューサーとして、パブリシティ、企業出版、広報イベント等に従事。この間、産業界各分野の企業社史、経営者自伝、自分史などを多数手がけてきた。 2009年、「自分史研究会」を設立、「マッピング自分史」を提唱。現在、東京都港区生涯学習講座「まなび屋」自分史講座講師、文京区文京アカデミー自分史講座講師、神奈川県生涯学習「プラネット」登録講師等。 自分史:『わがソフトウェア人生』(丸森賢吾自分史)、『空翔るM&A経営』(北川淳治自分史)ほか。 社史:『さらにすばらしいステージへ』、『コンピュートピアにかける橋』、『峠超えの道』など多数。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。